人間関係 心理学 賢く生きる

部活や課外活動をやった方が良い理由【課外活動は収入をあげる話】

Tartan Track, Career, Athletics, Start, Run, Race

このブログを見ている人たちは課外活動をやったことはあるだろうか。すでに学生生活を終えている人にはもう関係がない話なのだが、部活や課外活動をやった方が将来において幸福度が高いという研究がある。

ということで、今回は部活動や課外活動をやった方が良い理由について紹介する。

やま
やまです。Twitterもやってます、お問い合わせはコチラ

部活や課外活動をやった方が良い理由

部活や課外活動をやった方が良い理由というのは様々存在するが、そのうちの代表的なものを紹介していく。

やり抜く力(グリット)が楽に身につく

Window, Squares, Colors, Architecture, Color, Model

やり抜く力(グリット)は近年アメリカの教育界を席巻している考え方で、端的に言うとやり抜く力が強い人は社会的に成功を収める可能性が高いことが分かっている。

やり抜く力の詳しい話は以下の記事で紹介しているので良かったら見ていってほしい。

成功者は全員持っているGRIT(グリット)とは【身に着ける方法まで解説】

  現代のアメリカでの教育は、グリットが非常に重視されている。グリットとは簡単に言うと粘り強くやり抜く力である。 成功者と残念な人の違いは、グリットの ...

続きを見る

やり抜く力が楽に身につくというのは、課外活動は大変だが楽しめる希少な活動だからだ。例えば、自分の好きな課外活動であれば大抵の人は何時間ものめりこむことが出来るし、組織に加入することによって体系的にその活動を学ぶことが出来る

この体系的に学ぶという事が重要で、普通に生活していると体系的に学ぶことと言えば学校で習う教科くらいだ。しかし、その大半はあなたやあなたの子どもにとってつまらないものだろう。

つまり、楽しみつつ体系的に学ぶ活動というのは部活や課外活動以外にほぼ存在しないのだ。そして、体系的に学ぶことによって子どもたちは日々進歩を感じることが出来る

これが自己肯定感につながり自己肯定感の高い大人に育っていく要因になる。

自己肯定感がいかに大事かという記事は以下

自己肯定感を一瞬で高める方法【即実践できる】

このページを開いたということは、あなたは今自分の生活が何となくうまくいってなかったり、何かしらわだかまりを感じているのかもしれない。そしてそれは自己肯定感の低下 ...

続きを見る

課外活動をしていると収入が高い

focus photography of person counting dollar banknotes

課外活動を積極的に長く行っている子どもは課外活動を積極的に行っていない子どもたちと比べて自尊心が高く、学校での成績もよく、非行に走ることも少ないという研究が様々ある。

例えば、コロンビア大学の研究では11000人の10代の若者を対象に26歳になるまで追跡調査を行った。これは、高校で課外活動をしなかった人と、1年間行った人と2年以上続けた生徒を比べる研究であった。

この研究の結果では高校で課外活動を1年以上続けた生徒は大学の卒業率が著しく高かった。また、2年以上続けた生徒の中で1週間当たりの課外活動時間数が多い生徒は就業率が高く、収入も高かった

もちろん、これはアメリカの研究なので同様な研究を日本でしたら必ずしも同じ結果になるとは限らないが、課外活動や部活を通して自尊心や苦労してもやり抜く力を身に着けられることを考えると、日本においても同様な結果が得られる可能性は高いと思う。

だから、是非課外活動や部活をしてみることをおススメする。

人間関係を学ぶことが出来る

Books, Stack, Literature, Knowledge, Education, School

人間関係をしっかりと学ぶことが出来るのは課外活動や部活ならではだろう。というのも、普通に学校に行っているだけでは全員で協力して何かを成し遂げるという事は文化祭などの行事ごと程度であまりない。

しかし、課外活動であれば、大会やら本番やらに向かって全員が同じ方向に向けて進んでいくし、それを通して人間関係を学ぶことができる

こういうと、今の時代は人間関係など学ばなくてもSNSやインターンネットを通して学べるのではないか?という事を考える人がいるだろう。

しかし、考えてみればわかることだが、SNSやインターネットを通して人間関係を学ぶと言っても、細かい表情の動きや所作といったものを学ぶことは出来ないし、組織での立場や役割といったことを学ぶのは難しいので、将来リアルの人間との人間関係の大事な職に就くのなら学校といった実際の環境での人間関係を学ぶ方が良いだろう。

という事で、課外活動や部活を通して人間関係を学ぼう。

楽しみながら小さな成功体験を積み上げていくことが出来る

これも部活や課外活動特有だが、部活をすることによって小さな成功体験を楽しみながら積み上げていくことが出来る。例えば昔は100キロのボールしか投げられなかったのが105キロを投げられるようになったりといった所だ。

こういうと、それはバイトでも技術を身に着けることによって小さな成功体験を身に着けられる!という人もいるかもしれない。確かに、バイトでも新しい技術を習得することによって成功体験を得ることは出来る。

しかし、それは大抵の場合楽しく身に着けられないことが多い。また、大抵の場合バイトは成果というものが数字になって出にくく、成功体験を積む回数も少なくなる

体系的に学ぶという機会も少なく半年続けたら大抵の仕事は覚え終わるので、そこからは成功体験を得ることが少なくなるだろう。対して課外活動はどれだけ鍛錬しようともさらに高い壁が出現するので無限の成功体験を手に入れることが出来る

ここが決定的に違うので小さな成功体験を積み上げるには課外活動や部活が良い。

まとめ

Autumn, Leaf, Collapse, Bokeh, Season, Colorful, Leaves

最近は課外活動を否定するような論調がネットに目立つ。しかし、課外活動を否定する記事の内容は大抵「課外活動によって身につくことは礼儀作法や上下関係、体力の向上などと言った課外活動のメリットはバイトや他のことでも身につく」といった論調ばかりだ。

もちろん、これは学校の教員が課外活動や部活のメリットをこのように説明し、それが一般論となっているからそのような論調になるのは至極当然のことだ。

しかし、俺は本質を見誤っていると思う。部活動の本質は楽しみながら物事を体系的に学ぶことができ、それによって進歩を感じることが出来ること。そしてそれは自尊心や自己肯定感という幸福に生きていくうえで重要なことを培うことが出来る

また、困難な課題や目標に立ち向かう事を通して粘り強くやり抜く力を手に入れることが出来て、嫌なことがあってもちょっとやそっとで投げ出さない強靭な精神力を身に着けることが出来る

The Sun, Autumn, Yellow, Nature, Clear, The Background

やり抜く力の重要性は以下で解説している通りだが、それは成功や幸福といったものを手に入れるのに非常に重要になる。

成功者は全員持っているGRIT(グリット)とは【身に着ける方法まで解説】

  現代のアメリカでの教育は、グリットが非常に重視されている。グリットとは簡単に言うと粘り強くやり抜く力である。 成功者と残念な人の違いは、グリットの ...

続きを見る

そのような本質を無視して部活動は無駄という事に俺は違和感しかない。もちろん、それは日本の文化として部活動は辛く厳しくて当たり前という古い文化が部活動の本質を歪めていることも否めないが......

しかし、課外活動は楽しんで人間をレベルアップさせることが出来る最高のツールなので是非課外活動をやっていってほしい。もちろん、そのような雰囲気の感じられない、ただ厳しいだけの課外活動をやる必要はない。

やま
ここに書いてあることが妙に腑に落ちた人はブックマークしてくれよな!

Twitterもやってます

-人間関係, 心理学, 賢く生きる

© 2021 馬とトナカイ Powered by AFFINGER5